曹洞宗 随昌院 -富士山を望んで永代供養ができるお寺-

top image
menu

曹洞宗 随昌院
〒410-2315
静岡県伊豆の国市田京1075-8


四季

本堂や墓地からは雄大な富士の山を一望出来る他、四季折々、移り行く景色をお楽しみいただけます。

永代供養についてのご案内、下見等のお問い合わせはこちらの【永代供養】ページをご覧ください。


QRコード 随昌院 mobile site
随昌院の携帯電話用サイトはこちらから入れます。携帯電話の「バーコードリーダー」で左のQRコードを読み込んでください。

携帯にバーコードリーダーがない場合は、以下のアドレスでアクセスできます。
http://zuishouin.u-me.jp/mobile/
[携帯にメールを送る]

令和4年 9月の法話

中秋

旧暦の八月十五日は中秋節。
中国では祭壇を設け、家族の団欒を象徴する
月餅げっぺいを供える習俗もあります。
月餅は等分に分け食べられ、
帰郷できない家族の分は
翌年の春節の帰郷まで保存されます。

そんな中秋に満月を愛でる「翫月がんげつ」の習慣は、
唐代ころにはじまり、宋代には
盛大な楽器つきの宴会もあったことが知られます。
真っ暗闇が普通の時代。
夏の暑さもようやく過ぎ、
澄み切った空気の中でもたらされる
月の輝きは貴重な存在でした。

翫月は、修行道場でも重視され、
説法の場が設けられました。
欠けるところのない満月は、
人間をはじめあらゆる存在が持つ「仏性ぶっしょう」と
関係づけて捉えられました。
中秋の満月が世界をくまなく照らし、
どこへ行ってもついてくるように、
人間の尊厳はいつでもどこでも
離れることなく欠けることがない。
そんな尊厳を固有する「あなた」はどう生きようとするのか。
答えを出すのは私たち自身です。


随昌院からのお知らせ

当随昌院では、本堂、客殿を利用して、通夜・葬儀を営むことができます。

通夜よりの本堂客殿使用料 檀家 10,000円 檀家以外の方 50,000円
祭壇等利用料 檀家 5,000円 檀家以外の方 10,000円

*葬儀社や仕出し業者等の指定はありません。
*上記費用には、ご葬儀のお布施、戒名料等は含まれておりません。

  • info_img01

    新しくできた祭殿

  • info_img02

    新しくできた客殿