曹洞宗 随昌院 -富士山を望んで永代供養ができるお寺-

top image
menu

曹洞宗 随昌院
〒410-2315
静岡県伊豆の国市田京1075-8


四季

本堂や墓地からは雄大な富士の山を一望出来る他、四季折々、移り行く景色をお楽しみいただけます。

永代供養についてのご案内、下見等のお問い合わせはこちらの【永代供養】ページをご覧ください。


QRコード 随昌院 mobile site
随昌院の携帯電話用サイトはこちらから入れます。携帯電話の「バーコードリーダー」で左のQRコードを読み込んでください。

携帯にバーコードリーダーがない場合は、以下のアドレスでアクセスできます。
http://zuishouin.u-me.jp/mobile/
[携帯にメールを送る]

令和4年 8月の法話

盆と共食きょうしょく

お盆を迎えました。

盂蘭盆うらぼんはインドのことば「ウランバナ」の音訳とされます。
ブッタの弟子の目連もくれんが地獄に落ちた母を救うため
七月十五日、安居あんごが終わった修行僧に食事を供養し、
その功徳くどくで母が救われたという
『盂蘭盆経』の故事が典拠とされます。

盂蘭盆の、もともとの意味については、
供養の食事を盛った器・盆、苦しみを意味する
倒懸とうけんなど諸説があります。

故郷を離れている人たちがお墓参りのため、
家族や友人に会うために帰省します。
その基本となるは、やはり「あの世から帰ってくるとされる
亡き人への追慕の想い」でしょう。
ここで大事なのは、あの世から帰ってきたご先祖さま、
帰省した仲間たちみんなが集まって、
一緒に食事をする「共食」の世界です。
共食は人間だけでなく、
動物にも及ぶ仲間確認の大事な営みです。
食事は肉体だけでなく、
心のエネルギーを補給してくれる大事な営みです。


随昌院からのお知らせ

当随昌院では、本堂、客殿を利用して、通夜・葬儀を営むことができます。

通夜よりの本堂客殿使用料 檀家 10,000円 檀家以外の方 50,000円
祭壇等利用料 檀家 5,000円 檀家以外の方 10,000円

*葬儀社や仕出し業者等の指定はありません。
*上記費用には、ご葬儀のお布施、戒名料等は含まれておりません。

  • info_img01

    新しくできた祭殿

  • info_img02

    新しくできた客殿