曹洞宗 随昌院 -富士山を望んで永代供養ができるお寺-

top image
menu

曹洞宗 随昌院
〒410-2315
静岡県伊豆の国市田京1075-8


四季

本堂や墓地からは雄大な富士の山を一望出来る他、四季折々、移り行く景色をお楽しみいただけます。

永代供養についてのご案内、下見等のお問い合わせはこちらの【永代供養】ページをご覧ください。


QRコード 随昌院 mobile site
随昌院の携帯電話用サイトはこちらから入れます。携帯電話の「バーコードリーダー」で左のQRコードを読み込んでください。

携帯にバーコードリーダーがない場合は、以下のアドレスでアクセスできます。
http://zuishouin.u-me.jp/mobile/
[携帯にメールを送る]

令和4年 6月の法話

著衣喫飯じゃくえきっぱん

「禅の修行」というと、肉体を極限までいじめ抜き、
その結果、精神的な安らぎ、特別な境地を
獲得するというイメージがあるかもしれれません。

確かに朝の暗いうちに起床し、坐禅をし、お粥を食べ、
日常的に作務さむがあるとなると
「ふだんの生活」とはほど遠く、
よほどの覚悟がないとつらい日々となってしまいます。
修行の中心となる「坐禅」も足は痛いし、
居眠りしていると警策きょうさくと呼ばれる
かしの棒で打たれる、といった理解が先行します。

禅でいう修行は、何か特別な学問・技芸を修得する以上に
「平常心是道」「日々是好日」「逢茶喫茶ほうさきっさ逢飯喫茶ほうはんきっさ
威儀即仏法いぎそくぶっぽう」などの言葉が示すように、
日常の生活そのものを丁寧に生きることを基本に置きます。
もちろん「やることなすこと、悪事を働いても、すべてが仏法だ」と
短絡的に受け止めてしまうと、修行の本当の意味を
ないがしろにしてしまうことは、いうまでもありません。 


随昌院からのお知らせ

当随昌院では、本堂、客殿を利用して、通夜・葬儀を営むことができます。

通夜よりの本堂客殿使用料 檀家 10,000円 檀家以外の方 50,000円
祭壇等利用料 檀家 5,000円 檀家以外の方 10,000円

*葬儀社や仕出し業者等の指定はありません。
*上記費用には、ご葬儀のお布施、戒名料等は含まれておりません。

  • info_img01

    新しくできた祭殿

  • info_img02

    新しくできた客殿