曹洞宗 随昌院 -富士山を望んで永代供養ができるお寺-

top image
menu

曹洞宗 随昌院
〒410-2315
静岡県伊豆の国市田京1075-8


四季

本堂や墓地からは雄大な富士の山を一望出来る他、四季折々、移り行く景色をお楽しみいただけます。

永代供養についてのご案内、下見等のお問い合わせはこちらの【永代供養】ページをご覧ください。


QRコード 随昌院 mobile site
随昌院の携帯電話用サイトはこちらから入れます。携帯電話の「バーコードリーダー」で左のQRコードを読み込んでください。

携帯にバーコードリーダーがない場合は、以下のアドレスでアクセスできます。
http://zuishouin.u-me.jp/mobile/
[携帯にメールを送る]

令和5年 1月の法話

新年のお祝いの餅~寿餅じゅびょう

お正月は鏡餅やお雑煮など、
お餅を目にする機会が多いですね。
新年に食べるお餅には、
新しい年を健康で幸せに過ごせるように、
という人々の願いが込められています。
お餅はもともとお正月の季節の行事や、
お祝い事などのめでたい日に、
神仏にお供えする特別な食べ物でした。
そしてお供えした後は、家族で食べたり、
近所に配ったりしていました。

このように日本人の生活に溶け込んでいるお餅ですが、
お寺でもお餅を使う行事があります。
曹洞宗では、新年に弟子が師匠に鏡餅を差し上げて、
その年の健康と幸福を願う習わしが受け継がれています。
このお餅は「寿餅」と呼ばれています。

お正月の間、お寺では、人々に幸福を願う
修正会しゅしょうえというご祈祷が行われます。
このご祈祷とは別に、
弟子は師匠に差し上げるための寿餅を
仏法の守り神である竜神様の掛け軸の前にお飾りして、
師匠の一年の幸福と健康を願い、
お経読んでご祈祷します。

永平寺や総持寺などの修行道場では、
可漏かろと呼ばれる包みで寿餅を送る習わしがあります。
弟子はおめでたい紅白の和紙を使い、
丁寧に折ってきれいな可漏をつくります。
そしてお餅を薄く小さく四角に切り、
新年のあいさつの手紙と一緒に送るのです。

もともと、寿餅は一月四日に、
師匠の元へ直接届ける習わしでした。
弟子は師匠に寿餅を届け、
新年の挨拶として師匠に礼拝らいはいをします。
日頃の感謝を込め、丁寧にお拝をするのです。
師匠も一緒に礼拝し、
お互いの一年の幸福と健康を祈ります。

毎年の寿餅の行事は、弟子と師匠のきずなの
大切さを感じる大切な風習なのです。


随昌院からのお知らせ

当随昌院では、本堂、客殿を利用して、通夜・葬儀を営むことができます。

通夜よりの本堂客殿使用料 檀家 10,000円 檀家以外の方 50,000円
祭壇等利用料 檀家 5,000円 檀家以外の方 10,000円

*葬儀社や仕出し業者等の指定はありません。
*上記費用には、ご葬儀のお布施、戒名料等は含まれておりません。

  • info_img01

    新しくできた祭殿

  • info_img02

    新しくできた客殿