曹洞宗 随昌院 -富士山を望んで永代供養ができるお寺-

top image
menu

曹洞宗 随昌院
〒410-2315
静岡県伊豆の国市田京1075-8


四季

本堂や墓地からは雄大な富士の山を一望出来る他、四季折々、移り行く景色をお楽しみいただけます。

永代供養についてのご案内、下見等のお問い合わせはこちらの【永代供養】ページをご覧ください。


QRコード 随昌院 mobile site
随昌院の携帯電話用サイトはこちらから入れます。携帯電話の「バーコードリーダー」で左のQRコードを読み込んでください。

携帯にバーコードリーダーがない場合は、以下のアドレスでアクセスできます。
http://zuishouin.u-me.jp/mobile/
[携帯にメールを送る]

令和4年 12月の法話

成道会じょうどうえ

臘八接心ろうはつせっしん」は、禅の修行者にとって、
重大な行事の一つです。
十二月一日から八日未明まで、
余事をなさず、坐禅に徹して日送りします。
それはブッダが悟りを開かれたとされる
十二月八日「成道会」にちなみます。

北宋の都、東京(開封)では
十二月になると冬の準備の市がたち、
八日には托鉢の僧がお盆に仏像を安置して
香湯こうとうそそぎつつ街を練り歩いて寄付を募り、
寺は檀徒に粥を配るなど、
様々な行事がありました。
成道と直接関係づけていませんが、
八日が特別な日であることが意識され、
禅宗の隆盛とともに、この日ブッダが
明けの明星を見て大悟されたという故事が
次第に定着し成道会になったと思われます。
ちなみに道元禅師は建長二(1250)年のこの日
「私がはじめて成道会を伝えた。未来永劫行いなさい。」と
成道会に大切さを説かれています。


随昌院からのお知らせ

当随昌院では、本堂、客殿を利用して、通夜・葬儀を営むことができます。

通夜よりの本堂客殿使用料 檀家 10,000円 檀家以外の方 50,000円
祭壇等利用料 檀家 5,000円 檀家以外の方 10,000円

*葬儀社や仕出し業者等の指定はありません。
*上記費用には、ご葬儀のお布施、戒名料等は含まれておりません。

  • info_img01

    新しくできた祭殿

  • info_img02

    新しくできた客殿